スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DIYでフィットで快適な車中泊を! フラットなベッドスペースを自作

フィット(GD3)で車中泊をする時、後部座席を前に倒して、
ラゲッジルームを拡張して、フラットなスペースを作ってそこで寝る。
ガソリンタンクのセンターレイアウトにより、後部座席の下にスペースがあり、
ほぼ完全なフラットにある。さすがホンダ!!

しかし、大きな問題が!

bed01.jpg


下の写真のように、段差がある。
どちらに頭を向けて寝ても、この段差が、腰やお尻に直撃。
痛さが気になって安眠できないのだ。

bed02.jpg
bed03.jpg


段差の正体は、後部座席のヒンジ。
ヒンジの上に布が被っているだけなので、痛いのは当たり前だ。

そこで、コンパネと呼ばれる、木製の板を敷くことで問題を解決してみた。
板は、3分割になっていて、普段は、一番上の写真のように、
ラゲッジルームに収納できる。

サイズは、91cm×50cm×3枚。
コンパネは、182cm×91cm で1,200円くらいなので、
1枚買うだけでOKで安い!

bed04.jpg


コンパネの上に、断熱のギンギラシートを引いて、
フロントシートと後部座席との隙間に荷物でも置いて枕にすれば、
身長175cmの私でも足を延ばして寝ることができる。(若干斜めに)

bed05.jpg
bed06.jpg


二人で寝るのも結構余裕がある。

板を引いてからはかなり快適になった。

この記事へのコメント:

- : 2013/08/16 (金) 16:51:52

私も9ミリベニヤでつくりました。前は1130x870後ろは1130~1020x820の
2分割で表面はフェルト貼りモールにて縁取り加工してます。このままでは運転席に座れないので前板の角を少し落として後ろ板の上にスライドさせて走行します。
後部板の下に後部座席のヒンジ高さ分のライナー材をかまして水平にしてます。
前部板の下には背もたれの凹凸分の厚み板をかませて背もたれの保護とパネルの水平を出してます。前部と後部座席の空間は工具箱の高さ調整しで埋めます。
工具箱は下着いれとして使用します。またタイヤの出っ張りの上に幅300ミリの
棚をつけて走行時はパネル上に置いている荷物を寝るときは棚の上に置きます。テストに一度出かけて見ましたが、これで妻と私は十分寝れました。
今雨でも窓を開けておける網戸を制作中です。かんせいすれば本格的に車中泊旅行をしてみたいと思っています。 

やまじ風 : 2017/04/13 (木) 11:50:51

フィツトで車中泊を検討していて、このブログにたどり着きました。
三分割されたパネルは、蝶番か?何か?で、繋ぎ合わせる様にされていますか?
それともその必要は、有りませんか?
御教示願いませんか。
よろしくお願いします。

takuma : 2017/04/24 (月) 22:00:25

> フィツトで車中泊を検討していて、このブログにたどり着きました。
> 三分割されたパネルは、蝶番か?何か?で、繋ぎ合わせる様にされていますか?
> それともその必要は、有りませんか?
> 御教示願いませんか。
> よろしくお願いします。

私の場合は、蝶番等でのつなぎ合わせはやっておりません。
Fit(GD3は)の場合、リアシートを倒すと、ラゲッジルームと段差がない状態になるので、
板同士をつなぎ合わせなくても並べるだけでまっ平らになります。
(型式が変わると違うかも?)

管理人のみ通知 :

トラックバック:


カウンター
プロフィール

takuma

Author:takuma
大阪の大学で計算力学を勉強しつつ、鳥人間コンテストに出場するために飛行機の設計しています。愛車は、HONDA Fit GD3 MT5。ロードバイクはGIANTの TCR COMPOSITE SE。バイクはHONDAのDio。

ブログランキング
クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1345位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
89位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
おすすめ広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。